毛穴の開きとニキビ跡

ニキビ跡が原因で、毛穴の開きが目立ってしまうことはありませんか?
なぜなのでしょうか?

あなたは、ニキビ跡と毛穴の開きのメカニズムをご存知でしょうか?

ニキビ跡が原因で、毛穴の開きが目立ってしまうのは、ちゃんとした理由があります。

そもそも、ニキビ跡が原因で毛穴が開くのではありません。
ニキビ跡と毛穴の開きを「見間違える」といった方が正しいのです。

どういうことなのか?

ニキビ跡は、凸凹としたクレーターのようなお肌になります。

一方、毛穴の開きにも似たようなお肌状態となる場合があるのです。

これらを見間違えてしまうと、スキンケアの方法を間違えてしまうこともあります。
そうすると症状がさらにひどくなり、結果として「炎症ニキビができてしまう。」といった流れになるのです。

こんなことがあってはなりませんが、それほど毛穴の開きとニキビ跡は似ているといえます。

では、ニキビ跡と毛穴の開きを見分ける方法はないのでしょうか?

ニキビ跡で、クレーター肌になるほど症状がひどくなっているということは、すでに深刻な症状であるといえます。
放置していても、そこまで変化はありません。

ところが、毛穴の開きというのは、皮脂の詰まりなので変化が起こります。
要するに、どんどん広がっていくということですね。

なので、最悪見分けがつかない場合は、放置するのも一つの手でもあります。
ですが、見分けるためだけに、肌の状況を放置しておくのは、おすすめできません。

もし、毛穴の開きであったのなら、どんどん肌の状態が悪くなってしまうからです。

やはり、ニキビ跡を治すには、ニキビに特化したスキンケアをすることが大切です。

ニキビに効果が期待できるスキンケア製品は、たくさん販売されていますよね。
有名なもので言えば、プロアクティブやDHCのアクネシリーズなんかがあります。

「ニキビだなぁ。」と思った場合は、ニキビケアに特化したものを試してみてください。

そして、毛穴の開きだと思った場合は、毛穴ケアに特化したものを選んで下さい。
ケアをした後は、毛穴を閉じるように、保湿をすることを忘れないでくださいね。

ニキビと毛穴に共通していることは、やはり「保湿が足りているかどうか」という点です。

保湿が足りていないと、お肌が乾燥してしまい、どうしても肌トラブルはつきものになります。
ニキビや吹き出物は、結局は毛穴にできるものですので、一概に無関係とはいえない関係性ですよね。

そのため、ニキビや毛穴の開きで深刻に悩まれている方は、一度皮膚科の医師に相談をして、どちらの症状なのかを診てもらうのもいいかもしれません。

また、ニキビや毛穴の開きを予め予防することも大切です。
日頃のケアを忘れず行ってくださいね。