顔のくすみにビタミンC

顔のくすみについて調べていると、「ビタミン」といった単語をよく目にします。

特に、ビタミンCは顔のくすみに効果が期待できるようなのですが、摂取の仕方を間違えると、せっかくの効果も薄れてしまうそうなのです。

では、顔のくすみになぜビタミンCが効果が期待できるのか、そしてどのような摂取の仕方をすればいいのかをご紹介していきたいと思います。

なぜ顔のくすみにビタミンCがいいの?

顔のくすみにビタミンCがいいというのは、とても簡単ですし有名です。

単純に、ビタミンCには美白効果があるためです。

ビタミンC誘導体といった成分が配合されている化粧品は数多くありますよね。

それが何よりの証拠になります。

だったら「なぜ顔のくすみがなかなか取れないの?」となってしまいます。
それは、外側からのみのアプローチだからかもしれません。


◎ビタミンCを効率よく摂取するには◎

顔のくすみで悩まれている方は、さんざんスキンケアも行ってきたことと思います。

しかし、それでも効果が期待できなかったのであれば、身体の内側からアプローチをかけてみましょう。

ただし、冒頭でもお話しした通りビタミンCという成分は、やっかいなことに摂取の仕方を間違えてしまうとその効果が薄れてしまうのが特徴です。

では、どのような摂取方法が一番効率がいいのでしょうか?

やはり、食事で補うのは少々量的に難しいでしょう。

そこで、活躍するのがサプリメントです。

ビタミンCのサプリメントならドラッグストアなどで販売されているため、すぐに購入することが出来ますよね。

肝心なのは、飲むタイミングです。
飲むタイミングとして、一番お勧めなのは、食後の30分以内くらいです。
ちなみに、一日に必要なビタミンCの摂取量は100gとされています。(女性)

食後であれば、飲み忘れといったことも阻止することが出来るため、安心ですよね。

ビタミンCの身体への吸収率は空腹時や通常時ですと約30%なのですが、食後ですと約50%に上昇します。

ですから、食後30分以内くらいに飲むのがベストなんですね。

食事でも補っている場合はどうしたらいいの?

例えば、食事や飲み物でもビタミンCをさりげなく補っているときってありますよね。

そういった場合は、サプリメントの量を1粒減らすなどといったことを行ってみましょう。
そうすることで、バランスよく摂取することができるかと思います。

ただ、ビタミンCの過剰摂取というのはほとんどありません。
尿で排出されてしまうためです。

逆に言えば、ビタミンCは、ため込むのも難しいということです。

結果、毎食後サプリメントで補うのが効率が良いというわけです。

顔のくすみが気になっている方は、たくさんいらっしゃるかと思いますし、改善策もたくさんあるかと思いますが、ビタミンCはお
肌だけに特化した栄養素ではないので、ぜひ積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。

もちろん、サプリで補うだけでなくスキンケアでもビタミンCを取り入れてくださいね。
内側と外側からのケアが大事なんです。