顔のくすみと栄養

顔のくすみは、どのような栄養を摂れば改善することができるのでしょうか?
そもそも、食事で顔のくすみは改善することはできるのでしょうか?

ここでは、顔のくすみの効果が期待できる栄養について紹介します。

顔のくすみに有効な栄養が含まれている食材・食事などをご紹介していきたいと思います。

ですが、あらかじめ知っておきたいのは、栄養だけでは顔のくすみは完全には改善されないということです。

内側からのアプローチだけでは、完璧に顔のくすみを改善することはできません。

日頃のスキンケアも併せて行うことで、栄養が活きてきます。

摂取する栄養は、顔のくすみの種類別にとろう!

顔のくすみには、いくつかの種類があります。

そのため、ご自身の顔のくすみの種類が分かっている場合は、ピンポイントでその栄養素を取り入れるのがベストです。

・血行不良の場合

血行不良にはショウガ、長ネギ、カボチャ、アーモンド、アボカド、ほうれん草などといった食材に含まれている栄養素がおすすめです。

ショウガにはジンゲロール、長ネギには硫化アリル、アーモンドやカボチャなどにはビタミンEが含まれています。

特に、ビタミンEには血行促進作用があるためおすすめです。

貧血で悩まれている方は、鉄分も併せて摂りたいところです。
ですので、赤身のお肉やひじきなどといった食材もベターです。

・美肌維持ができていない場合

ビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCについては、かなり詳細な情報があります。
ですので、ここでは割愛しますが、美肌効果が期待できる栄養素です。

ただし、ため込むのが難しい栄養素であるため、その都度取り込むのがポイントになります。

・代謝が低下している場合

代謝が悪いとターンオーバーも乱れがちになります。

そのため、代謝を上げるために良質なタンパク質とコラーゲンを摂取することをおすすめします。

タンパク質は卵などの乳製品に含まれていますが、コラーゲンは?という方もいらっしゃいますよね。
コラーゲンは、苦手な方も多いですが豚足に大変豊富に含まれています。

おでんなどに入っている牛スジなどもいいでしょう。

・乾燥が原因の場合

乾燥が原因の場合は、保湿効果の期待できる栄養素を取り入れるのが一番です。
角質正常化の作用を持つビタミンAは鶏レバーやうなぎに豊富に含まれています。

いかがでしょうか?

身体の内側からのアプローチをするのであれば、まずはこのような栄養素を意識しながら食生活を送ってみてください。
ただし、あくまでバランスの取れた食事が大前提です。

さらに、外側からのアプローチであるスキンケアも欠かしてはいけません。

外側からのアプローチで悩まれている方は、今一度スキンケアの方も見直してみてはいかがでしょうか?

あるいは、洗顔を見直すだけでも違うかもしれません。

洗顔はダブル洗顔を徹底し、刺激を与えないスキンケアを心がけましょうね。