昨今、メディアやSNSでも話題になっているのがビタブリッドCフェイスです。
海外のセレブも注目しているピュアなビタミンCを、お肌に届けることができるスキンケアアイテムです。

酸化しやすいビタミンCを、肌の奥まで浸透させる特許技術により、お肌すべすべ効果、シミやシワ、たるみ改善効果があることが注目される理由です。

そんなビタブリッドCフェイスですが、有名なニベアと一緒に使うと「より浸透感がある。」と話題を呼んでいます。

ビタブリッドCフェイスは、手持ちの化粧水や水に混ぜて使うパウダリータイプのパックです。

ニベアは保湿効果が高いクリームで、肌悩みに合った化粧水の後に使うことで化粧水の効果をアップさせることができると人気を集めています。
なにより、プチプラで大容量なのも魅力です。

ビタブリッドCフェイスを使い、その後ニベアクリームでフタをすることにより、ビタミンがよりお肌の内部に閉じ込められ、ビタブリッドCフェイスの美肌効果を実現しやすいと言われているんですよ。

ポイントは、ビタブリッドCフェイスとニベアを混ぜるのではないという点です。

普段通り、化粧水とビタブリッドCフェイスを混ぜて使います。
その後に、ニベアを塗ります。

というのも、ニベアは油分です。油分とビタブリッドCフェイスは溶けにくいという性質があります。
なので、混ぜて使わず、後から塗るようにして下さい。

通常、ビタブリッドCフェイスを使う場合は、水や化粧水に対し1対1の割合で使います。
しかし、ニベアを使う場合はニベアはクリームで液体ではありませんから、ちょい足し程度で充分なんですよ。

多すぎてダメということはありませんが、少なくてもニベアとビタブリッドCフェイスの効果は発揮されますから、ぜひ絶妙なさじ加減を自分なりに工夫して見つけてみましょう。

ビタブリッドCフェイスとニベアの相性は、とても良いでしょう。
ただ、最も相性が良い、最高の組み合わせは高級な化粧水との組み合わせだとも言われます。

しかしそれだと、ビタブリッドCフェイスの減りが早い!
と思う人は、ニベアでビタブリッドCフェイスを活用するとビタブリッドCフェイスも長持ちしますし、効果的に使うことが可能です。

また、ニベアへ混ぜるビタブリッドCフェイスの量は自分で調節できるのも魅力ですよね。

今日は、自分へのご褒美に少し多めに・・・。
今日は、野菜中心の食生活だったから少なくても大丈夫かな・・・。

そのように使い分けることが可能なのが、ビタブリッドCフェイスとニベアの組み合わせです。

また、ビタブリッドCフェイスを水、化粧水で溶かして塗ってから、フタをする意味でニベアを使うという王道の方法はやはり1番です。
最も効果的に、ビタブリッドCフェイスとニベアを使いこなす方法でしょう。

リーズナブルなニベアとビタブリッドCフェイスを合わせれば、最高のコストパフォーマンスが実現します。

そんなビタブリッドCフェイスは公式サイトから販売されています。

今なら初回キャンペーン中で大変リーズナブルな価格でビタブリッドCフェイスを始めることができます。
契約の縛りもありませんから、2回目以降いつでもキャンセルや解約ができるため、定期コースに申し込みやすいのも事実です。

いきなり3回縛り、4回縛り、となると躊躇しますが、いつでもキャンセルや解約ができるとなると、リーズナブルなこの機会にビタブリッドCフェイスを試してみたくなりますね。